ブログ

サービス付き高齢者向け住宅-ポータラカ

ブログ

「ポータラカ」誕生

はじめまして 施設長の長嶋和子です。
ようやく、ホームページができあがりましたので、
これを機に、出来る限りたくさんの方にこのポータラカとカノンのことを知っていただければ幸いです。
このブログコーナーでは、ポータラカや、事業所カノンでの日々の出来事や、スタッフが日々気づいた事などをお話していきますので、
どうぞ気軽に訪れてくださいませ。

さて、私の夫は、隣の長嶋雄一クリニックの院長である怪人(?)長嶋雄一です。
(院長の詳細を知りたい方は、クリニックホームページをご覧ください。)
その院長から、ある日、「サービス付き高齢者向け住宅をクリニックの隣に建てたいんだけど、
僕は診療があるから、あなたにすべてを任せます。アドバイスはするから。」
「えっ?(ドウイウコトデスカ?)」「サービス付き高齢者向け住宅」ッテナンデスカ?
無知な私はその当時何もわかっていませんでした。介護保険のことすらも。
で、我が家のルール、「家長の言うことは、キカナケレバイケマセン」
あれから3年の月日が流れ、まさに産みの苦しみを味わいました。
そしてついに、今年6月15日、開設の運びとなりました。
(開設までの大変だった道のりは又の機会にお話します。)
開設にあたっては、ほんとにたくさんの方々から励ましのお言葉をいただきました。
今現在も、たくさんの方の支えをいただいております。
この場をかりて皆様に感謝申し上げます。
この期待に答えられるよう、スタッフとともに、日々精進してまいります。

つい先日、天気もよかったので、数人のスタッフと一緒に、岩屋観音様の存在を確認しに行ってまいりました。
ポータラカを出発してから、10分程、急な坂の山道を登るとすぐお堂が見え、隙間から中を覗くと、
確かにいらっしゃいました、黄金の立ち姿の観音様が。
お堂の中が暗くて観音様のお顔の様子まではよく見えなかったのですが、その方向はポータラカの方を
しっかり向いていらっしゃいました。
「観音様、ずっと私達を見守っていてください」と手を合わせお願いしてきました。
その後はお堂を過ぎて、導かれるままに、頂上まで登ってみました。
秋風が気持ちよく、私達のポータラカを見下ろすこともできました。
思わず口ずさみたくなるような心地良い眺めでした。

♪大きな力で空に浮かべたら ルララ宇宙の風に乗る♪
~スピッツのロビンソンより~

CIMG1699